2020.10.5(月)

[プレスリリース] 電動3輪バイク「AAカーゴ」の本格導入契約を 日本マクドナルド社と締結

デリバリー需要の高まりに併せて拡大中の「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして導入

aidea 株式会社(本社:港区赤坂 代表取締役社長:池田 元英)は、日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)と、「マックデリバリーサービス」の電動3輪バイクとして、「アイディア AAカーゴ」の本格導入に関する契約を締結しました。

「マックデリバリーサービス」は、マクドナルドの“いつものおいしさ”をご自宅やオフィスにマクドナルドのクルーがお届けする、マクドナルド独自の宅配サービスです。2010年の初導入以降、対象エリアを順次拡大しており、直近では10月1日より新たに石川県でもサービス開始するなど、1都1道2府30県、600店舗(10月5日時点)で展開しています。

そしてこのたび、「マックデリバリーサービス」の電動3輪バイクとして、「アイディア AAカーゴ」の本格導入が決定しました。「AAカーゴ」は、2020年5月より神奈川県で、7月より東京都で、それぞれ一部店舗にて「マックデリバリーサービス」の電動3輪バイクとしてテスト導入されており、走行性能や安全性の検証を経て、本格的に導入されることとなりました。

まずは2020年10月中に44店舗で約100台が導入され、年内には約120店舗約320台へと拡大される予定です。デリバリー需要の高まりに併せて拡大中の「マックデリバリーサービス」における「AAカーゴ」の導入は、マクドナルドとしての持続可能な社会の実現に向けた活動の一環と考えられており、環境への配慮と、社会にやさしいモビリティとしての役割を担います。

日本マクドナルド株式会社のニュースリリースはこちら
https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2020/1005a/




■使用イメージ

※画像はイメージです。


■導入車両
アイディア AAカーゴ α4 「マックデリバリーサービス」仕様




■AAカーゴの価値
1.エネルギーを効率的に活用し、環境にやさしい

太陽光・風力・水力など自然現象から得られる再生可能エネルギーが活用でき、走行時にCO2を排出しないEVは、深刻な問題である地球温暖化を抑制します。2015年国連サミットで採択された、SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための一つの鍵と言えます。




2.社会に貢献し、社会と共存できる

EVには、ガソリンエンジン車のような始動音やアイドリング中のエンジン音がありません。早朝や夜間の住宅街でも、気兼ねすることなく走行可能です。排気ガスを出さず匂いも少ないので、食品を扱う場所や、倉庫などの屋内施設でも使用できます。




3. EV ならではのコストメリット

EVとガソリンエンジン車を走行コストで比較すると、電気代はガソリン代の半分以下。また、EVはエンジンオイル交換など定期的なメンテナンスの必要性が少ないため、距離を走れば走るほどコストメリットが高まります。さらに、車両を構成する部品が圧倒的に少ないため、トラブルのリスクも減ります。




■AA カーゴの安全性
1. スクリーンとルーフ

冷たい雨や厳しい日差しからライダーを保護。ウォッシャー機能付きワイパーが雨天でも良好な視界を確保し、快適かつ安全に走行することが可能です。




2. LEDの灯火類

ヘッドライト、ウインカー、テールライトには照度の高いLEDを採用。ライダーの見やすさ、そして他の車からの見られやすさ、を実現し、走行時の安全性を高めます。




3. 大型ホイールの3輪構造

3輪構造により、バイクに乗り慣れていない方も安心してお乗りいただけます。大 径13インチホイールを前後に装着することで、段差や悪路でも安定した走行が可能です。




4. 前後連動ディスクブレーキ

安定した性能を発揮するディスクブレーキを、前後に採用。初心者の方でも安心して運転できる前後連動タイプとしています。




5.リバース機能

駐車時や狭い路地での取り回しの際に便利な、リバース機能を搭載。ボタンを押しながらアクセルを回すだけで、車両から降りることなく後進可能です。




6. ロック機能

車両左右の傾きを固定する「ロールロック」と車両前後の動きを固定する「パーキングブレーキ」を装備。ボタン一つで操作できる電子式ロックも開発中。




■主要諸元
AA-Cargo α4AA-Cargo β4
車両区分原付一種(50cc以下)原付二種(125cc以下)
免許区分原付小型二輪
全長x全幅×全高2,020mm × 685mm × 1,715mm
シート高700mm
車両重量207kg
乗車定員1名
モーターブラシレスDCモーター
定格出力0.6kW1.0kW
ギアボックスインテグラルホイールハブモーター
バッテリーリチウムイオン 48V
充電方法200V 交流
バッテリー容量3.85kWh
充電時間約3時間
一充電走行距離※98km90km
サスペンションフロントΦ35 油圧式テレスコピック
リアプリロード調整機構付きシングルショック
タイヤフロント120/70 – 13″
リア130/60 – 13″ ×2
ブレーキフロントディスク Φ240mm
リアディスク Φ220mm ×2
防水・防塵性能IP65 準拠(バッテリー)
保証2年または30,000kmまで(バッテリーは新品の50%の容量を保証)

※30km/h定地走行テスト値。運転方法や走行環境に応じて、値は変化します。








こちらからリリースのPDFと画像データをダウンロードできます。







製品に対するご相談・お問い合わせは
こちらをご利用ください。