2021.9.16(木)

[プレスリリース]ドミノ・ピザが新店舗「日高猿田店」をオープンし、 電動3輪バイク「AAカーゴ」のテスト導入を開始

環境ならびに近隣住民への配慮に加え、ランニングコストの削減を目指す


aidea 株式会社(東京都港区、代表取締役社長 池田 元英)は、株式会社ドミノ・ピザ ジャパン(東京都千代田区、代表取締役 ジョシュア・キリムニック、以下 ドミノ・ピザ)と、電動3輪バイク「AAカーゴ α4」の売買契約を締結。2021年9月15日に新規オープンした、ドミノ・ピザ日高猿田店(埼玉県日高市猿田128-1)に、6台を納入しました。



1985年に日本初の宅配ピザ店を東京・恵比寿にオープンしたドミノ・ピザでは、都内の道路が狭く渋滞が多いことを考慮し、創業当初より宅配車両に3輪スクーターを使用していました。このたび新店舗のオープンに併せ、電動3輪バイク「AAカーゴ」のテスト導入が決定いたしました。導入にあたっては、以下の3つの効果が期待されています。


1.環境負荷の軽減

太陽光・風力・水力など自然現象から得られる再生可能エネルギーが活用でき、走行時にCO2を排出しないEVは、深刻な問題である地球温暖化を抑制します。2015年国連サミットで採択された、SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための一つの鍵と言えます。

2.近隣住民への配慮

EVには、ガソリンエンジン車のような始動音やアイドリング中のエンジン音がありません。早朝や夜間の住宅街でも、気兼ねすることなく走行可能です。排気ガスを出さず匂いも少ないので、食品を扱う場所や、倉庫などの屋内施設でも使用できます。

3.ランニングコストの削減

EVとガソリンエンジン車を走行コストで比較すると、電気代はガソリン代の半分以下。また、EVはエンジンオイル交換など定期的なメンテナンスの必要性が少ないため、距離を走れば走るほどコストメリットが高まります。さらに、車両を構成する部品が圧倒的に少ないため、トラブルのリスクも減ります。

また、他の宅配車両と比べた「AAカーゴ」ならではのメリットとして、3輪構造による安定性、スクリーンやルーフによる快適性、スタイリッシュなデザイン性も挙げられています。ドミノ・ピザでは、日高猿田店におけるテスト導入の結果を検証の上、順次電動バイクの導入店舗を増やし全国展開を検討中です。




■導入車両

AAカーゴ α4「ドミノ・ピザ」仕様








こちらからリリースのPDFと画像データをダウンロードできます。







製品に対するご相談・お問い合わせは
こちらをご利用ください。