パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

さまざまな課題を解決
aideaの電動バイクはさまざまな課題を解決し、
新しい生活様式やビジネス環境の構築を
サポートします。

環境にやさしい

2015年国連サミットで採択された
SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための、
一つの鍵がZEV(ゼロエミッションヴィークル)です。
電動バイクは、地球環境を守るモビリティです。

CO2排出量を削減

日本国内で排出されるCO2の約18%、2億1300万t/年が、企業および家庭の自家用車、貨物車、船舶などの、運輸部門からのものとされており、低炭素・脱炭素社会への取り組みは、私たちひとりひとりが直面している課題です。

ガソリンエンジンのバイクが1年間に排出するCO2の量は、1台当たり約1.1t※。走行時にCO2を排出しない電動バイクの導入は、地球温暖化を抑制し豊かな未来を実現するための第一歩と言えます。
※月間走行距離1,000km、燃費25km/Lと想定

再生可能エネルギーを活用

太陽光・風力・水力など自然現象から得ることができ、発電時に温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの活用は、地球温暖化対策の重要な要素といえます。

限りのある化石エネルギー「ガソリン」ではなく、再生可能エネルギーから製造できる「電気」を動力源とする電動バイクは、環境負荷が少なく持続可能なモビリティです。

社会にやさしい

次世代のモビリティは、社会と共存できることはもちろん、
社会に貢献するべきであると考えます。
電動バイクは、既存の二輪車や四輪車にはない特徴により
「人の役に立つ」ことができるモビリティです。

走る蓄電池として非常電源に

大容量のバッテリーを搭載する電動バイクは、蓄電池としても有用です。安価な夜間電力を一時的に車両に貯め、需要過多な時間帯に使用することで電力負荷の平準化(ピークシフト)にも貢献します。

また、バイクならではの機動性を活かし、「移動できる電源」として、いつでもどこでも電気が使えるようになります。屋外イベントや災害時の電源供給にも使用可能です。

都市に最適なサイズ

縦・横ともに、小型乗用車の半分以下のサイズであるバイク。駐車場不足、狭あい道路、渋滞など、都市部の交通課題を解消することができます。一人の人間と少量の荷物の移動において、圧倒的に高効率なモビリティです。

音が静かで匂いが少ない

電動バイクには、エンジンバイクのように大きな始動音はもちろん、アイドリング中のエンジン音もありません。早朝や夜間の住宅街でも、気兼ねすることなく走行可能です。排気ガスを出さず匂いも少ないので、食品を扱う場所や、倉庫などの屋内施設でも使用できます。

ビジネスを支える

電動バイクは、ビジネスの現場においても
企業様の良きパートナーとなり得ます。
従来の商用車両が抱えていた課題を軽減することはもちろん、
新たなビジネスチャンスを創造する可能性も秘めています。

ランニングコストを削減

走行に直接必要なコストを比較すると、電気代はガソリン代の1/4。また、エンジンオイル交換など定期的なメンテナンスの必要性が少ないため、距離を走れば走るほど電動バイクのメリットは大きくなります。
さらに、車両を構成する部品が圧倒的に少ないため、トラブルのリスクも減ります。

ユーザーの手間を軽減

電気の力で走る電動バイクは、ガソリンエンジン車のように、ガソリンスタンドへ給油をしに行く必要はありません。使用後には、携帯電話のように充電ケーブルをつなぐだけ。aideaの電動バイクは、エネルギーの使い方と共に、ユーザーのライフスタイルも変えてしまいます。

優れた走行性能

電動バイクの走行特性は、ガソリンエンジン車とは全く異なります。アクセルを開けた瞬間に、モーターが大きなトルク(車輪を回す力)を発生し、一気にしかもスムーズに車両を加速させます。紙や飲料などの重量物を積載して坂道を上るようなシチュエーションで、特にその性能を発揮します。



 最新モデル「AAカーゴ」を詳しく見る



製品に対するご相談・お問い合わせは
こちらをご利用ください。