2021.7.1(木)

ネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」の 2021年後期モデルを発売

150ccが待望の再販売、125ccと150ccに新色登場



クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」の2021年後期モデル(150cc、125cc)を、2021年7月1日(木)より全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売いたします。



【150ccモデル】


2020年12月をもって生産終了となり、多くのご要望をいただいていた150ccモデルの再販売を決定しました。ジャンゴシリーズで最も人気のカラー「ドラゴンレッド」と、今回新色として設定された「インクブラック」の受注を、2021年7月1日(木)より開始いたします。国内入荷は2021年8月末の予定です。



150ccモデルは、125ccモデルと共通のコンパクトなボディによる取り回しの良さと、高速道路の走行も可能なパワーを併せ持ち、さまざまなライフスタイルに合わせて活用できる車両です。

■車種
・ジャンゴ 150 エバージョン ABS DX [ドラゴンレッド]
 ※ショートスクリーン標準装備

メーカー希望小売価格448,8000円
(本体価格:408,000円 消費税:40,800円)

・ジャンゴ 150 エバージョン ABS [ドラゴンレッド]
メーカー希望小売価格426,800円
(本体価格:388,000円 消費税:38,800円)




ジャンゴ 150 エバージョン ABS DX

エレガントなカーブを描きながら、車体のフロントからリアまで続くメッキモールを境に、上下でくっきりと塗り分けられたツートンカラーが魅力のエバージョン。「ドラゴンレッド」は、クラシカルなクリームホワイトと、ビビッドなレッドのコンビネーションが人気のカラーです。




・ジャンゴ 150 ABS DX [インクブラック]
 ※ショートスクリーン標準装備
メーカー希望小売価格448,8000円
(本体価格:408,000円 消費税:40,800円)

・ジャンゴ 150 ABS [インクブラック]
メーカー希望小売価格426,800円
(本体価格:388,000円 消費税:38,800円)



ジャンゴ 150 ABS DX

流麗でグラマラスなジャンゴのスタイリングを強調する、シンプルでシックなカラーの「インクブラック」。インクのような漆黒のボディとキャメルオレンジのシートが、トラディショナルで上品な印象を与えます。シートと同じくキャメルオレンジのハンドルグリップも、クラシカルなイメージを強調します。






【125ccモデル】


ジェントルなエンジン特性で誰にでも扱いやすく、通勤・通学や街乗りに最適な125ccモデル。免許取得の容易さや経済性の高さも、選ばれる理由です。今回2021年後期モデルとして、「ポーラーホワイト」と「レーシンググリーン」という新色の2モデルを導入。2021年7月1日(木)より発売いたします。

■車種
・ジャンゴ 125 ABS DX [ポーラーホワイト]
 ※ショートスクリーン標準装備

メーカー希望小売価格421,300円
(本体価格:383,000円 消費税:38,300円)

・ジャンゴ 125 ABS [ポーラーホワイト]
メーカー希望小売価格399,300円
(本体価格:363,000円 消費税:36,300円)




ジャンゴ 125 ABS DX

シンプルでシックなモノトーンカラーが「ポーラーホワイト」。雪のような純白のボディが、さわやかなイメージです。ハンドペインティング風の「Django」ロゴが、ストリートでも個性を主張します。





・ジャンゴ125スポーツABS [レーシンググリーン]
メーカー希望小売価格399,300円
(本体価格:363,000円 消費税:36,300円)



1950年代のレーシングカーを発祥とするセンターストライプと、ボディサイドに施されたレーシングゼッケンが、プジョーのレーシングスピリットを表しています。深みのあるグリーンのボディと、ブラックで統一された足回りが印象的な「レーシンググリーン」が新登場です。







こちらからリリースのPDFと画像データをダウンロードできます。







製品に対するご相談・お問い合わせは
こちらをご利用ください。