2021.2.1(月)

ネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」の 2021年モデルを発売


現存する世界最古のモーターサイクルブランド「プジョー」のベストセラー


クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」の 2021年モデルを発表します。2021年2月1日より、全国のプジョーモトシクル正規販売店にて発売開始いたします。

【モデル説明】
現存する世界最古のモーターサイクルブランドであるプジョーが、1953年に発売した最初のスクーターが「S55」。男女を問わず、手ごろな交通手段としてヨーロッパ市場で大いに人気を博しました。その「S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーターが「ジャンゴ」。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも現代的な装備を採用し、新しい世代のライダーたちを満足させます。




昨今では、2021年 1月12日(火)よりスタートした TBS 系 火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の劇用バイクとして採用されたことで SNSでも話題となり、女性ユーザーも増えています。




■2021年の変更点

1.新色を追加
125ccモデルに、曲線的でグラマラスなジャンゴのスタイリングを強調する、シンプルでトラディショナルなカラー「インクブラック」を追加。オンオフどちらのシーンにも似合う、シックで上品なイメージを演出します。

ジャンゴ 125 ABS [ インクブラック ]



2.新グレードを追加
ジャンゴ 125 ABSとジャンゴ 125 エバージョン ABSに、「ショートスクリーン」を標準装備した「DX(ディーエックス)」モデルをあらたに設定。クロームメッキのステーにマウントされたショートスクリーンは、品質感を高めるとともにスタイリングを引き立てます。 また、ライダーの胸元にあたる風や雨を防ぎ、快適なライディングを約束します。
※ショートスクリーンのメーカー希望小売価格:¥32,780 ( 本体:29,800円 / 消費税 10%:2,980円 )


ショートスクリーン



ジャンゴ 125 ABS DX
メーカー希望小売価格:421,300円
(本体:383,000円 消費税 10%:38,300円)




ジャンゴ 125 エバージョン ABS DX
メーカー希望小売価格:421,300円円
(本体:383,000円 消費税 10%:38,300円)




3.一部モデルの装備変更
下記モデルのミラーが、「オーバルタイプ」から、クラシカルな「ラウンドタイプ」に変更となります。
ジャンゴ 125 ABS / ジャンゴ 125 ABS DX
ジャンゴ 125 エバージョン ABS / ジャンゴ 125 エバージョン ABS DX



4.一部モデルの価格変更
流通コストや材料費などの高騰により、従来の価格を維持することが困難となったため、下記モデルの価格変更をさせていただきます。大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ジャンゴ 125 ABS、ジャンゴ 125 エバージョン ABS
旧価格:393,800 円(本体:358,000 円 消費税 10%:35,800 円)
新価格:399,300 円(本体:363,000 円 消費税 10%:36,300 円)




こちらからリリースのPDFと画像データをダウンロードできます。







製品に対するご相談・お問い合わせは
こちらをご利用ください。