aideaのアイデア
BRAND

電気を使って走る
電気を使って走る

持続可能な未来を考える時、地球温暖化問題は避けて通れません。 CO2の 排出量を抑えることは、地球に住む私たち全員の課題と言えるでしょう。 その解決策の一つが、EV=電動バイクです。 排気ガスを出さないため倉庫 や工場など屋内でも使用することができ、エンジン音がしないため早朝や 夜間でも安心して走れるなど、これまで走行が難しかった環境にも対応で きます。 振動がなく疲れないことや、モーターならではの爽快な加速感、 またスロットルで操作できる回生ブレーキも魅力です。 走行にかかる電気 代は、ガソリン代のおよそ1/3。 構造がシンプルなため、故障が少なくメンテ ナンスも容易です。

バイクを電源にする
バイクを電源にする

aideaは、電気を消費するだけではなく、電気を供給する電動バイクを創造 します。 安価な夜間電力や太陽光による電気を車載のバッテリーに貯めて、 それを家庭用電源として使うことで、コストの削減が可能です。 8kWhの バッテリーであれば、一般家庭の一日分の電気を供給可能。 災害などに よる万が一の停電時にも、確実なライフラインとして役立ちます。 また 「移動できる電源」として、屋外での使用も可能。 大自然の中でも不自由 なく電気を使える快適なキャンプなど、新しいカタチのレジャーも楽しめます。 aideaの電動バイクは、単なる乗り物の領域を超え、生活を豊かに するパートナーです。

バイクを電源にする
バイクの喜びを広げる

aideaは、バイクが持つ可能性を信じています。 自動車と比べ小型であることから 走行時も駐車時も場所を取らず、軽量であるためエネルギー消費も少ない。 傾斜 して曲がるという特性も効率的です。 自動運転や傾斜制御の技術を導入すること でバイクの存在感はさらに高まり、社会に欠かせないものとなっていくでしょう。 また、aideaには、凝り固まった信念や守るべき伝統はありません。 路面状態が 悪ければタイヤの数を増やす。 雨や風が厳しければ屋根を付ける。 荷物が多ければ トランクを設ける。 既存のバイクの常識にとらわれることなく、安全性、快適性、 利便性を徹底的に追及していくことで、新たな喜びを創造します。